--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

13
2016  13:38:39

第5章 闇

Yuga Kanzaki 2016_11_11 12_21_00

あのでっかい魔物を倒したところで地面に何かが落ちているのに気付いた。

青いクリスタル?

一体これは何なんだろうか。

それを拾い上げると不思議なことが起きた。


Yuga Kanzaki 2016_11_11 12_21_22

んああああああ!?


魔方・・・陣!?

一体これは何なんだろうか・・・

ふと上を見上げるとそこには

Yuga Kanzaki 2016_11_11 12_21_52

なんか降ってきてるんですけど!?

きっとこれは幻覚・・・幻覚・・・そう言い聞かせてると

目の間に現れたのが

Yuga Kanzaki 2016_11_11 12_22_33

ハイデリンというクリスタル・・・なのか?

その者いわく、今この世界は闇に満ちようとしているとのこと。

さっき急に襲ってきたやつも関係あるのか・・・?

そして自分には光の意思を持つやら、それが力だとか。

先生、難しいことはよくわかりません!

Yuga Kanzaki 2016_11_11 12_24_48

そして現実へと戻される。

あれは夢だったのか・・・?

そう考えてると先ほど倒した魔物のところにあのカワ(・∀・)イイ!!メスッテちゃんがいた。

Yuga Kanzaki 2016_11_11 12_25_02

どうやらメスッテちゃんが言うには

この魔物を使って襲わせた奴がいるとの事。

Yuga Kanzaki 2016_11_11 12_25_19

証拠が、このナイフらしい。

なんとこのナイフ、ロープを扱う船乗りが使うものらしい

ということは海賊が絡んでるということ。

闇が深いぞー('Д')

とりあえずこのナイフを見せて私の依頼主に注意を施しなさいとの事。

じゃあこれを預かりましょう。

そして、ここでメスッテちゃんとはお別れの模様。

一緒にPT組んでくれないのか(´・ω・`)

そして去り際に、厨二かっこいい台詞を言い、去っていったのだった。

Yuga Kanzaki 2016_11_11 12_26_37


今回の話はここまで!

それじゃあヾ(*'-'*)マタネー♪

 FF14

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。