--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

15
2016  15:27:28

第6章 いけ好かないイケメン

さてさて、サマーフォード庄に着いた俺は、

ヴィルンさんに例のナイフを渡すと、どうやら心当たりがあるらしい。

Yuga Kanzaki 2016_11_11 12_28_26


やっぱ海賊っぽい。

どんな海賊なのか。人数など色々知りたいところだが

それよりも気になる事がある。

あのカワ(・∀・)イイ!!メスッテちゃんの名前だ!!

一番はそれに決まっている!

Yuga Kanzaki 2016_11_11 12_28_39

白い目で見られながらも教えてくれた。

どうやらあのメスッテちゃんはヤ・シュトラちゃんというらしい。

また会いたい。マジで。

そんな事を思っていると困り顔のヴィルンさんが、こちらを見ている。

Yuga Kanzaki 2016_11_11 12_34_17

どうやら、セヴリン含む5人の農夫が時間になっても来ないとの事。

仕方ないにゃぁー。見つけてきてやんよ!

Yuga Kanzaki 2016_11_11 12_39_57

どうやらこのいけ好かないイケメンが、セヴリンという奴らしい。

ちなみに残りの4人はすでに見つけてヴィルンの元へとやった。

愚痴ってたけどな。

とりええず、このイケメンには「イケメン、死ね!!」

と言ってから戻るようにいった。

なんか愚痴ってたけど、俺の耳には入らなかった。

Yuga Kanzaki 2016_11_11 12_41_11

そして、また頼まれごとをされる。

今度はラザグラン関門へ納品する農作物をゴブリンに横流ししている奴がいるらしい。

Yuga Kanzaki 2016_11_11 12_39_57

こいつだ


イケメ(略




さて、今回はここまで!

次回はあのイケメンをぶっ飛ばすぜ!

それじゃあヾ(*'-'*)マタネー♪

 FF14

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。