--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

20
2016  03:14:18

第8章 土という嘘をつかれる

湿り気のある黒土が欲しいと、嘆いていたのは

前回マンドラゴラを倒してきてと依頼したガーカントの爺さんだ。

なんでも、開拓したての土地は痩せていて

その土があれば、作物が育てやすいとか。

まあ報酬あるならやりますがね。

てことでクエスト出発です!





さてその土ですが、どうやらクックポットという場所にあるらしい

ここから東のほうにある。

情報をくれたのは、ロットウィダさん。

Yuga Kanzaki 2016_11_11 13_46_43

その場所は、オーロックスというモンスターの棲み処なので

そのモンスターを倒す場合も出てくるだろう。

てことで、その棲み処がこちらです。

Yuga Kanzaki 2016_11_11 13_49_45

なんと、こいつらアクティブモンスターなので

視界に入るとなりふり構わず襲ってくるのです。

中々にやっかいなやつです。

てことでばれないようにそぉーと入りましたが

まあ案の定バレました。

なので仕方なくモンスターを撃破。

2,3回くらい襲われました。

てことで本題の土採取へ。

Yuga Kanzaki 2016_11_11 13_51_12

なんかこの土臭くね??

異様な異臭が漂う。

臭い。

とりあえず、直で触らないように(触りたくない)気を付け、その土を袋にいれる。

これは中々にしんどい。

よくもこんな依頼をしてくれたものだ・・・。




さて、無事に袋に詰め終わるとこれをフルーアルという人に届けなくてはならない。

てことでそこまでスプリントダッシュで向かう。

Yuga Kanzaki 2016_11_11 13_52_53

さてこの人物なのだが、意味深なことを発言する。

「まさか、これほど危険で、汚い仕事を引き受ける人がいるとは」

危険はわかる。

汚いってなんだ??この土か??

聞くと、「あんた、ガーカントからもロットウィダからも聞いてないのか?」

そう言われる。

嫌な予感がする。

「これはな・・・オーロックスの・・・」

やめろおおおおおおおおおおおお!




今回の話はここまで!

お食事中の方はごめんなさい。

う〇このお話でした('ω')

それじゃあヾ(*'-'*)マタネー♪

 FF14

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。